緊張や声や手の震えを抑えるための方法おしえて!

緊張や声や手の震えを抑えるための方法おしえて!

緊張感による手の震えや声の震えってなかなか一度起こってしまいますと、治らないことが多いですよね、私もそうでしたからすごいあなたのそのつらい気持ちが分かります。

 

それでもですね、そんなときだからこそ、まずは深呼吸なんですよね。シンプルなんですけれど自律神経を整えることって大事なんですよ。だいたいにおいてあがり症はなぜ起きるのかなぁとふと考えたときにですね、まずおよそ自立神経が乱れている場合に起こると言われております。

 

それじゃあどうしらいいのか?とあなたはそう思うでしょう。人はそのようにして不安が起こってしまうと無意識に防衛本能というものが働くらしいですね、・・・しかしながら、その防衛本能が乱れたときにカラダとココロのバランスが崩れてしまい極度の緊張症やあがり症という症状になるといわれています。

 

しかしながらですね、まず心と身体の状態のバランス常に保つことができればそれに越したことはありませんが、それが難しいから、このようにあがり症に苦しんでいるのであって、病院に何年も通ってお薬も毎日飲んでいるという・・私も何年間も、そのような暮らしをしながら生活してきました。

 

この自分自身の問題をなんとかして解決したい、改善したい。あがり症が治らない・・・でも治したいといった私自身の心の奥から、そのようにして、まるで眠れない真夜中に幾度とも叫んだこともあります。なにが潜在意識なのかどうかもそのときは、どのようにしてこの症状を克服していけばいいのかすら分からないぐらいに病んでおりました。

 

そんな生きるか死ぬかみたいな意識のなかを行ったり来たりの仕組みの中でもがきながらなんとか凌いで騙しだましになんとか仕事もしてきました。だけれども、ある日はっきりと、私は理解してしまったのです。

 

けっきょくのところはあがり症を治すには自分で治すしかないのだ、ということが言えるのです。その治し方は人によってはいろいろありますが、私にとってはDVDを繰り返し観ることでした。仕事の忙しい毎日は観ることはできませんでしたが、休みの日や適度にあまりつかれを次の日にためないぐらいにして。

 

あがり症を治すには自分にとって、これが一番でした。このある方法を知ることで、そして実践することで以前に比べて格段んいあがらなくなり、また極度の緊張することもなくなったいう仕組みでした。そんな私にとっての緊張や声や手の震えを抑えるための方法はこちらになります。

 

あがり症がもうすでに治らないと諦めているあなたへ!