人前であがらないためにする、こんな対処法

人前であがらないためにする、こんな対処法

まあ私ごとで恐縮ですが、あがり症が改善したといってもですね、やっぱり今までどおりの仕事以外のこと・・・・たとえば先日の話しなのですが、職場の後輩を車に乗せてあげて、飲み会の場所まで送ったときのことなのですが、なんだか運転しながらトークするのが苦手でして昔からですね。

 

それで、なんだか相手が男性だということもあるのでしょうが、緊張してしまって道を間違えてしまったり、あたふたしてしまって、とても恥ずかしい思いをしたことが最近でもあるのですね。

 

それでも、相手の話しを聞くということをそのとき忘れていました。人前であがらないためにする対処法のひとつにですね、相手の話しをずっと聞いているといったテクニックがあります。

 

これはですね、相手のお話しをトンネルみたいに右から左に流してもいいので、だいたいおおまかな質問をして、あとはその相手の話しを「えー、そうなんだー」「えー?それで?」「で、そこからは?」「え、ごめんもう一回」など聞き流して、相手に「今の話し聞いてる?」みたいなことを言われても言われても、大丈夫です。もう一回と答えればいいのです。ね?とっても簡単でしょ?え?ずるい方法だって?

 

まあまあ(笑)でもこんな対処法もあるといったことを覚えておくだけでも、随分と違うと思いますよ。こっちから話すから緊張してあがってしまうわけです。逆転の発想といったやつですね。こういった細かいテクニックから、もっと大きな意味でのあがり症を克服できる方法が当サイトでも紹介しておりますDVDになりますので、一度気になった方はチェックしてみるとよいでしょう。

 

また、他にもですが、あがり症に効果的に効く薬ってどんなのがあるのか?といった質問もよくされることが多いのですが、根本的に治すといった薬はないにせよですね、一時的にですが、デパスやソラナックスといった精神安定剤ですね、心療内科じゃなくても一般的な内科でも処方してくれますので、効果はありますよたしかに。

 

でもですね、なんと申しましても、根本的にココロの芯からきちんとあがり症を治したいといった気持ちがあるのであれば、やっぱり病院のお薬ではそれはできないのです。だからといって、あがり症が治らないなんて弱音を吐かなくても、当サイトではしっかりとあなたのあがり症を改善させるべくアイテムを紹介しておりますので、どうか落ち込まないでください。

 

人前であがってしまうことは、誰にだってあるんですよ。だけれども、それを少しでもあがらないためにする対処法など、小技から大技まで、また当ホームページをご覧になられているあなたに、今度もネタを小出ししながらお送りさせていただきますよ^^

 

あがり症がもうすでに治らないと諦めているあなたへ!